CONCEPT

​美と健康 豊かな心 幸せを感じられる体づくり
女性は35歳前後に、20代の頃に感じなかった
変化を感じるようになると言われています。

例えば、

・朝起きても前日の疲れが残っている。

・痩せにくくなった。

・体重は変わらないのに、ボディラインが崩れてきた気がする。

​・生活習慣は変わっていないのに、太ってきた。

・お尻が垂れてきた。

・むくみが取れにくくなった気がする。

・生理痛がひどい。生理不順。

・生理前はイライラする。

・くしゃみや軽い運動で尿漏れしたことがある。

・長時間歩くと関節が痛くなる。

・便秘がちになってきた。

・疲れやすくなった。

・電車で立っているのがツラい。

・階段があると、ついエスカレータを探してしまう。

・顔の色つやが悪くなってきた。

・肌がくすむ

・口角が下がってきた。

いくつか当てはまるものがあったと思いますが、

一体、この変化は、どこからくるのでしょうか?

その答えは、

骨盤の衰えにあります。

骨盤の衰えとは?

そもそも、骨盤はどんな役割を果たしているのでしょうか。

骨盤は骨格の中心に位置し、

①背骨と股関節とつながり、上半身と下半身、全身のバランスを取っています。

②腸や膀胱、子宮、卵巣を包み、守る構造をしています。

背骨(脊柱)を介して脳と連携し、自律神経やホルモン分泌など生命活動に欠かせない働きを担っています。

そしてこの骨盤。

1日、ひと月、季節のリズムに合わせ、また、自律神経や感情の影響を受けながら、弛んだり閉まったりをくり返しています。

反応というくらいのわずかな動きなのですが、この動きが、小さく、あるいは、なくなってしまうのが、骨盤の衰えです。

女性の骨盤は生理周期と密接に連動していて、女性ならではのライフイベントは骨盤と深く関係しています。

​骨盤を整えるとどういいの?

骨盤の調整は、日常生活の体の使い方によってできた「偏り」をまずは、プラスマイナス・ゼロに戻します。

…といわれても、ピンとこないかもしれませんね。

では、家をイメージしてみてください。

背骨を柱と例えると、その柱を立てる土台が骨盤です。

土台に歪みや傾き、偏りがあると、その上に立つ柱は、歪んだり傾いたりします。

それを無視したまま、壁をつくり、窓をキレイに配置し、どれだけ外観を美しくしても、その家は何かの拍子でいづれ倒れる時がきてしまいます。

骨盤とは、柱を立てる基礎、土台なのです。

私たちの体に表れるなんとなくの不調、痛みやケガは、その家でいうミシミシといった音がしはじめたり、どこかに亀裂が入ったりといった、倒れる前触れのようなサイン。

体の中心にある骨盤が歪むと、バランスをとるために体のあちこちにひずみが生じ、それにより筋肉のバランスが崩れます。すると、体内循環が悪くなり、老廃物や疲労物質の滞りが起こり、代謝の低下にもつながるのです。

​骨盤の調整は、どこかに負担をかけすぎることなく、全身で調和のとれたバランスのいい、本来の骨格の並びに戻すので、姿勢が美しくなります。また、その上に積み重なる背骨の並びや頭の位置を本来の位置へと戻すため、自律神経やホルモンの伝達もスムーズに。そして、中に収められている内臓も本来の位置へ戻ると、内臓それぞれが機能的に働きはじめます。

 

こんないいことづくめの骨盤の調整ですが、ではなぜ、整体に行って直してもらうのではなく、自分の力で調整するとよいのでしょう?

​なぜセルフ?

せっかく整えた骨盤も、せっかく骨格や内臓を本来の位置に戻しても、それらを支える筋肉がアンバランスだと、またすぐに元の状態に戻ってしまいます。

また、普段の動作自体、左右対称に動いているわけではありませんから、どうしても、偏りやゆがみが出てくるのは当たり前のことなのです。

そこで大事になってくるのが、整えた骨盤を本来の位置にキープする力。

 

そのために必要な筋肉のアンバランスさも調整し、整えた筋肉を再教育することで、良い状態がキープできるようになるのです。

だから、セルフ。

「自分の力」で行うことがとても大切なのです。

​骨盤底筋

さて、整えた骨格キープするために必要な筋肉のうち、インナーユニットと言われる4つの体幹のコアを安定させる筋肉は、体の表面から見たり触ったりがなかなかできない体の奥深くにあります

このインナーユニットの中でも、女性にとって極めて重要な筋肉、それが骨盤底筋です。

男性に比べ、とても複雑に構成されています。

よく言われている「お尻を締めて」は、男性にとってはそれでOKなのですが、実は、女性にとっては、もっと繊細に、かつ器用に、コントロールできるようにしておきたい筋肉なのです!

​レッスンではこの骨盤底筋をコントロールする力も養います。

筋膜とは?

筋膜とは、筋肉のみならず、骨、臓器、血管、神経など、体のあらゆる組織を包み込み、それぞれの場所に適正に位置するよう支えています。

…というと、難しく聞こえますが、簡単にいうと、ボディスーツのような役割をしています。

みなさんも、粘膜、角膜、細胞膜などは聞いたことがあると思います。

私たちは、お母さんのお腹の中で、受精卵から人の形になっていきます。

膜に包まれた受精卵が細胞分裂を繰り返していきながら、筋肉担当、骨担当、胃袋担当、血管担当 etc…と体が出来上がってくるわけです。なので、全身のあらゆる組織は、この膜によってパーテーション分けされている、と考えるとわかりやすいと思います。

フライドチキンや焼き魚をいただいたとき、なにやら白い薄~い膜、見たことありませんか?あれです。

そしてこの膜(筋膜)、姿勢の乱れや運動不足によって、膜同士がくっついて(癒着して)引き攣れを起こします。その引き攣れが、筋肉をこわばらせ、骨格をゆがませる原因になっているのです。

筋膜の引き攣れをケアして弾力を取り戻すと、筋膜に包まれた筋肉や骨が本来の位置に、戻ろうとし、さらには隣り合う臓器にもよい影響が届きます。

また、膜同士がくっついている状態(膜の癒着)をはがすと、血液やリンパなど体液が、滞りなく流れるようになるので、老廃物の排出もうまく行われるようになり、疲労回復のスピードが格段にアップします!

アスリートが、練習後、練習時間よりも時間をかけて筋膜のケアをするのは、回復力を上げるため。また、年齢を重ねるごとに体の回復(修復)に時間がかかるため、筋膜ケアは欠かせないのです。

私たちにとっては、お肌に透明感がでる、むくみがとれる、といった嬉しい成果も!

でもこれは、本来のあなたのお肌なのです。

だから、骨盤 × 筋膜 セルフケア!

【骨盤】と【筋膜】をしなやかで弾力のある状態に整え、骨格を本来の位置に戻し、キープする力を養うことにより、体の内側の機能が高まり、肩こりやむくみ、冷え、便秘、生理痛、女性ホルモンの乱れなど、女性の抱える様々な不調や不快感が改善されます。

 

また、骨盤低筋を含むインナーマッスルを意識して動いていくので、引き締まっているのに、表面はやわらかで、触り心地のいい、女性らしいプロポーションを作ることが

可能です。

 

体の中心が安定すると、体の動かし方がなめらかになり、立つ、座るだけでなく、歩き方や所作、立ち居振る舞いまでも美しくなってゆくのです。

すべての源である【骨盤】の調整 × 筋膜 のセルフケアは、32歳を過ぎた大人の女性として身につけておきたいことなのです。

美しさは、全身を「調和」させること。

美骨盤のつくり方教室では、骨盤を中心に、骨格・膜(筋膜)・筋肉など、全身を調和した状態へとご自身で整えます。

自力で行うからこそ、人の手では決して届かない深部にまで影響させることができるのです。

痛みや不調のない体は、気分や感情、心、そして表情も反映され、内面からも美しさがにじみ出てきます。心のしなやかさは、骨盤のしなやかさでもあるのです。

30代には30代の、40代には40代の、50代、60代、70代、80代、それぞれの美しさがあります。

やりすぎ、偏りすぎ、ガマンや無理をするのではなく、全身を調和させ、体と心の調和、人間関係の調和、そして季節や環境との調和、調和している女性であることが、本当に魅力的な美しい人だと思います。

一時、偏りすぎても、またすぐに中庸に戻れるよう、自分バランスに磨きをかけて、5年後、10年後、いくつになっても、心身ともに、たおやかに!!

 

骨盤×筋膜 セルフケア 美骨盤インストラクター

ミワ(御和子)

公認 b-i® stylist 

幼少期から全身コンプレックスの塊だった私。

10代からスポーツやトレーニングが好きでしたが大学時代、椎間板ヘルニアによる約4ヶ月の寝たきり生活を経験します。痛みや寝たきりの不安と闘いながら、OLとしての毎日を過ごす中、失恋から不眠や摂食障害の苦悩の日々も経験しました。

 

東洋医学や生理学などを学びながら、治療やモノに頼らない健康法を模索中、様々な経験から、体が出す痛みや不調は、気づかぬうちにフタをしてきた「感情と心のサイン」であることを確信し、「体と心の繋がり」の本当の意味に気づきました。

 

そんな中、ペルヴィス®の考案者である小林亨氏に出会い、​師事。

学ぶにつれ、「つよく、美しく、しなやかに」をコンセプトが心身共に、目指す自分の姿そのものだと強く共鳴しました。

その後、2012年認定を受け、活動をスタート。

 

現在、本部b-i® stylist 、スタジオヨギ-等で、男女マタニティ混合クラスや男性限定クラスなど、10~70代の幅広い世代にb-i® メソッドを指導する他、b-i® stylist養成コース講師としても活動をしています。

また様々な企業や団体からの依頼を受け、イベント講座や定期レッスンも行っています。

​TOP

Copyright© 2018 Pelvis-miwa All Rights Reserved.